忍者ブログ
教育などについて
[14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

受験勉強などに悩む中高生も多いが、学習のとき、同じ問題を繰り返すより、多くの問題を一回だけ解くべき、という意見もある。そのような意見もある一方、記憶を定着させるためには、同じ問題を「繰り返すこと」が重要という説もある。けれども、結果的には、記憶を定着させるためには「繰り返すこと」が重要らしいのです。多くの問題を「使いすて」するより、同じ問題に「繰り返し」取り組んだほうがいい。記憶を定着させるための一番の近道は、毎日勉強時間を確保して、同じ事を何回も繰り返していくことだと思います。1~2回解いたときには、なかなか思うように解けずに苦労しますが、5回くらい反復して問題を解くと、自分でも驚くくらいに記憶できるものです。3日間4日間と何日間も続けてみましょう。実は、こうすることで定着率が格段に上がるのです。「繰り返し」学習のみでは取り組む問題の数が不足するのでは?、という不安もあるが…。問題の数ばかりを多く解く事にこだわってしまう人も、結果的に、取り組んだ問題集やプリントなど、全ての取り組んだ問題について中途半端な理解に終わってしまっていて、「数はこなしたが理解がついていっていない」ケースが多く散見されます。空いた時間を探して、その時間を勉強に生かすということを常に考えていれば、時間を有効に使えるようにもなりますし、繰り返しの暗記作業の中で、理解できなかった部分でも理解できるようになると考えられます。
PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]
design by AZZURR0