忍者ブログ
教育などについて
[45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [46] [37] [36]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

会場は、パリの中心地から少し外れた古い倉庫。ドリスが好んで選ぶ無機質な空間だ。ショーの始まりとともに、天井に取り付けられたスポットライトの位置が下がり、モデルとライトの距離が近くなる。その演出の意味は、コレクションの中盤からフィナーレにかけて明らかになった。「ドリス ヴァン ノッテン」2015-16年秋冬メンズは、ミリタリーやワーク、エスニックという永遠の定番をミックスし、メンズのクラシックを再定義。これまで縛られてきたルールを解き放った自由なプロポーションを、ロマンティックにまとめた。

 基本は、同アイテムの重ね着や上着の裾からはみ出すインナーのアクセントなど、他でも盛んに見かけるレイヤードのテクニック。だがこのブランドでは、実に豊富なアイデアのバリエーションに驚く。アウターの重ね着を例に挙げると、Aラインのトレンチコートには上にケープを重ねて、より美しくフレアのボリュームを強調。ステンカラーコートとノーカラーコートのレイヤードは肩のエポーレットで固定することで、取り外せばどちらも単体で着ることが出来るよう、実用性も意識した。新たなプロポーションを生み出したキーアイテムは、キルトスカートやラップスカートだ。中に合わせたタイトなボトムスと共地で仕立て、グログランテープで留めたりルーズに巻きつけたり。コンパクト丈のブルゾンやテーラードコートになじみ、Iラインの絶妙なシルエットを生み出している。他にも、かなりワイドなバミューダパンツ、胸元をリボンで結んだキルティングのスタンドカラージャケットなど、民族衣装から着想したエスニックの要素がテーラードに抑揚を加えた。

 一番の魅力は、どこかに必ず“光”をまとっていること。ワークウエア由来のリフレクターを随所に走らせたコートから始まり、光沢を放つ肉厚なシルクのセットアップなど、徐々にクラシカルな雰囲気を強めていく。中盤から後半にかけては、インドの手刺繍によって、豪華絢爛の輝くワードローブが登場。繊細に縫い付けられたメタルの飾りやビジューが、ライトの光に反射してきらめいた。リアルに着られるエフォートレスなマインドとファッションが持つファンタジーのどちらも贅沢に盛り込み、今季もパリメンズの中で圧倒的な存在感を見せつけた。
PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]
design by AZZURR0